クリニックに行く前に

鼻

効果と知っておきたい情報を確認する

人間のイメージの良しあしを決めるものは、第一印象にあることは間違いありません。特に人間の顔は相手に強くその人の印象を刻みこみます。顔の良ければ、それだけで心を開く人や好きになってしまうことがあるかもしれません。逆に顔が良くなければ、その人のイメージはあまり良くない可能性もあります。いずれにしても、男性からモテるためには第一印象の顔が重要になるところです。人間の顔の中でも、重要なパーツの一つが鼻です。鼻の形や大きさによって、その人のイメージが決められます。女性の場合は、鼻が大きいよりも小さく高い方が美しいとされ、そこで理想の女性を出すために美容整形外科に行き美容整形をする人もいるでしょう。実際に費用がかかる以上は、十分な効果を期待したいところです。どれぐらいの費用がかかるかは、手術内容によって異なりますが、例えばヒアルロン酸を注入するとすればどれぐらいの費用になるでしょうか。これに関しては、10万円もかからないことがほとんどです。そこまで大掛かりな手術をするわけでもなく、ただ注射をするだけだからです。効果が持続するとすれば、半年から1年程度になります。ヒアルロン酸が完全に吸収されてしまうと、鼻を高く見せることは難しくなりますので再び注射をしなければいけません。これに対して、プロテーゼや軟骨の一部を入れる場合には、メスを入れることになるでしょう。5分から10分程度で終わることはほとんどなく、たいていは数時間かけての手術になるでしょう。費用も30万円以上することが多くなるはずです。

花の美容整形をする場合、費用も気になるところですが、その費用とはまた別にどのようなことを知っておいたらよいでしょうか。それは、副作用に関してでしょう。美容整形をする場合、副作用が出ないことはなく、何らかの副作用が出ることもごくまれにあります。どのようなとき副作用が出るかといえば、メスを入れた場合になります。例えば鼻の大きさは高くする場合には、プロテーゼを入れると理想の高さにすることが可能です。これは注射をするときに比べても、数ミリ単位で調整することができるため、自分の好きな形や高さにすることができる点に大きなメリットがあるでしょう。ただ、メスを入れることになるためそこからばい菌が入ってしまうこともあります。これを最大限に防ぐためには、当日中はお風呂などに入らないことが重要です。お風呂は一見清潔そうに見えますが、湿度が高いところになるため様々なばい菌が繁殖していることもあります。それらのばい菌が鼻の傷口に入り込むと、化膿してしまう恐れもあるでしょう。そのため手術をしたその日ないしは次の日ぐらいまでは、おふろに入らないようにクリニックからいわれることもあります。夏場になると汗のにおいが気になるところですが、シャワーを浴びるぐらいならばそこまでならではありません。この時には、清潔な状態を保つように心掛けましょう。寝ている場合に、布団などからばい菌が入り込んでしまう可能性もあります。この場合には、可能な限り手術をした部分を枕などに付けないことが大事になるでしょう。手術から2週間ぐらいすると、病院に行き検査をすることになります。

Copyright© 2020 美しいエステティックラインを手に入れよう All Rights Reserved.